2010年9月27日

伯ウジミナス、新コークス炉操業 年産75万トン

 新日本製鉄の持ち分法適用会社で伯鉄鋼大手のウジミナスは22日、イパティンガ製鉄所で新コークス炉の操業を開始したと発表した。約7億レアル(346億円)を投じて年産75万トンの第3コークス炉を新設した。

 付加価値向上とコスト削減をテーマとした4大投資計画の一つが立ち上がった。一連の投資計画を通じて、高付加価値製品を年間260万トン追加的に市場に投入する。

おすすめ記事(一部広告含む)