• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月23日

鉄鋼各社、復旧作業が着々

 鉄鋼メーカーは東日本大震災発生後、22日までに生産設備の復旧作業が進んでいる。

 高炉メーカーでは、JFEスチールが22日までに東日本製鉄所の京浜地区、千葉地区の高炉全2基がほぼ通常操業状態に入った。東日本製鉄所では震災後、高炉をはじめ生産設備の保守点検を行い、すべての生産設備で通常操業が問題ないと確認したもので、高炉ガス発生も通常レベルで、発電も回復。

 新日本製鉄は22日までに、君津製鉄所で鉄源工程の稼働を再開し、震災前の生産水準を回復。鉄源工程の稼働で発生する副生ガスを活用し、発電設備をフル稼働させ、東京電力に最大限の電力供給を行っている。圧延以降の工程に関しては稼働体制を整えているものの、一部、電力の需給ひっ迫を踏まえ、節電などに配慮した稼働を継続中。釜石製鉄所は社員および家族の安否に関して調査を継続している。製鉄所構内の一部が冠水し、生産休止中で、自社港湾設備の損壊については設備復旧に向けた現地調査を開始した。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/09/18
H2新断プレス
35500円 (200)40500円 (200)
314.63ドル (2.54)358.95ドル (2.66)

 換算レート (TTS) 112.83円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/09/18調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8600086000
鉄スクラップ
H22650022500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 686 681 684 679
電気亜鉛 303 297 303 297
電気鉛 285 282 285 282
アルミ二次地金 99% 212 207 212 207

非鉄金属市場価格へ