2011年6月2日

中国鉄鋼業界、5月も高生産 夏季は電力不足で減産

 中国の国家発展改革委員会は31日、鉄鋼業界が5月も高生産を維持したことを明らかにした。中国鋼鉄工業協会によると、5月上旬の国内粗鋼生産は日当たり194万6700万トンと、4月下旬に比べ0・3%増。

 一方で電力不足が深刻化し、夏季電力ピーク時に一部の鉄鋼メーカーが電力使用制限によって減産すると予想。資金はひっ迫し、需要は弱まっており、鉄鋼産業の経営の不確定要素が増加していると指摘した。
おすすめ記事(一部広告含む)