2011年7月12日

NSSC、7-9月積みフェロクロム 10・5%下げ決着

 新日鉄住金ステンレス(NSSC)は11日、7―9月積みのフェロクロム調達価格を4―6月比10・5%引き下げることで、スイスのエクストラータと合意したことを明らかにした。在庫調整と季節的な需要減で、ステンレス業界が世界的に減産に入る中で、2四半期ぶりに下げ決着した。クロム分18%のステンレス鋼種でトン約4800円の調達コスト減に相当し、製品の値下げ要因になる。

 ただ、世界のフェロクロム供給の過半を占める南アフリカ勢の収益圧迫が顕著なため、ステンレスが調整局面の中でも、クロムの値下げ余地は乏しいという。
おすすめ記事(一部広告含む)