2011年10月18日

東京地区の普通鉄線、弱含み横ばい商状

 普通鉄線は弱含みの横ばい。市中価格は、4ミリの規格線がトン当たり13万7000円、一般用線が12万9000円中心となっている。建築向け需要が伸びを欠くなか、一部流通で安値競争が顕在化するなど市況を冷やしている。市中では「年内にかけて横ばいが続く」(問屋筋)との観測が大勢。

おすすめ記事(一部広告含む)