2012年3月2日

東京地区の異形棒、地合いこう着

 異形棒鋼はベースサイズの直送でトン5万6000―5万9000円で横ばい。メーカーは値上げの方針を固めているが、ゼネコン同士の受注競争の激化の影響を受けて、安値取引も散見される。需要家からの厳しい指し値が続くなか、メーカーが価格を重視した販売姿勢を貫けるかが焦点だ。

おすすめ記事(一部広告含む)