2012年3月21日

露セバスタール、エネ消費量25削減

 露鉄鋼大手のセバスタールは16日、露チェレポベツ製鉄所でエネルギー消費量を粗鋼トン当たり5・62ギガカロリーと、1999年比25%削減したと発表した。11年だけでエネルギー原単位を1・3%改善した。エネルギー消費減は天然ガスで1・4%減、酸素を6・7%減、電力を0・8%減だった。

おすすめ記事(一部広告含む)