2015年1月15日

鉄鋼課予算90億円に減 長期開発計画を継続

 政府が14日閣議決定した2015年度予算案で、経済産業省鉄鋼課関連は技術開発2件の90億4000万円と14年度当初予算比8・5%減だった。長期の技術開発進展による増減で、水素還元製鉄の環境調和型製鉄プロセス技術開発は47億8000万円と5・9%減、非鉄金属課などと共同案件の革新的新構造材料等技術開発は42億6000万円と11・3%減だった。省エネ、環境対応を強化し、素材の可能性を追求する長期開発計画を継続する。

おすすめ記事(一部広告含む)