2012年3月28日

JFEスチール、ベトナムに一貫製鉄所建設へ

 JFEスチールは27日、ベトナムで合弁一貫製鉄所建設の事業化調査(FS)に着手すると発表した。台湾の大手鉄鋼メーカー、義聯集団(E―ユナイテッド・グループ)が進めている計画に過半数の出資比率で参画する前提で覚書を交わした。1期粗鋼年産350万トン程度の薄板中心の製鉄所で2016年稼働を想定している。実現すればJFEスチールとして初の海外一貫製鉄拠点になる。

 世界有数の鉄鋼サプライヤーを目指す長期戦略に基づき、アジアを主体に事業展開を加速する方針の一貫として鉄源拠点を確保する。上期中の意思決定も視野に持ち分法適用会社の印JSWスチールの一貫製鉄計画への参画をにらむ一方、需要拡大が見込める東南アジアの需要地立地の拠点として実現を目指し、日本と合わせた重層的なアジアの供給体制を描く。

おすすめ記事(一部広告含む)