2012年3月28日

インド粗鋼、10年で倍1.5億トンへ

 インド国営鉄鋼メーカーのラシュトリヤ・イスパット・ニガムのスリ・チョウダリ会長兼社長は、ニューデリーでこのほど開かれた第2回インド鉄鋼市場会議で、「次の10年間に国内粗鋼生産は1億5000万トンと倍になり、鉄鉱石需要は2億5000万トン近くに増える」との予測を明らかにした。国内の鉄鉱石埋蔵量では需要を満たし続けられず、「鉄鉱石輸出を制限する必要があり、政府はすでに制限の方向で検討を始めた」と政府の対応を歓迎した。

おすすめ記事(一部広告含む)