2012年6月5日

谷本鉄鋼・住商鋼板加工 10月統合 住商、国内CCを再編

 住友商事は国内コイルセンター(CC)を再編する。10月1日付で子会社の谷本鉄鋼(本社=大阪府泉大津市、北山武史社長)と住商鋼板加工(本社=大阪市此花区、金子一彦社長)を経営統合し、新会社「サミットスチール」を設立する。製造業の海外移転で内需が伸び悩む中、保有設備を効率運営し、コスト競争力を高める。

 新会社本社は現在の谷本鉄鋼本社を予定し、社長に北山武史氏、副社長に金子一彦氏が就任する。両社の加工能力は谷本鉄鋼が約64万トン、住商鋼板加工が約56万トンで、合計約120万トンと国内トップグループに浮上する。
おすすめ記事(一部広告含む)