2012年10月11日

印SAIL、来年に新製鉄所着工 第1期300万トン

 インド鉄鋼大手のスチール・オーソリティ・オブ・インディア(SAIL)は、印東部ジャルカンド州で計画している新製鉄所の建設に、2013年に着手する。第1期工事で粗鋼生産能力300万トンの高炉を建設、5年後の18年に完成させる予定。第2期300万トンで計600万トンの能力を持つ。既存製鉄所の能力も13年までに現状の1・5倍の2350万トンに増やし、拡大する内需に対応する。
おすすめ記事(一部広告含む)