2012年10月23日

メタルワン、インドネシア線材加工拠点 第2工場建設へ

 メタルワンの線材加工子会社、アイアン・ワイヤ・ワークス・インドネシア(略称IWWI)は、第2工場の建設について具体的な検討を開始した。

 同工場では、主に自動車向け冷間圧造用(CH)鋼線、磨棒鋼を製造する見通しで、従来、主要な需要先だった二輪車関連に加え、四輪車関連需要の捕捉を図る目的。設備投資額は約30億円を見込む。生産能力は、現工場(月産能力5500トン)並みを想定しており、将来的には合わせて月1万トンの生産体制を構築する計画。

おすすめ記事(一部広告含む)