2012年11月22日

山特鋼・中国素形材製品拠点、軸受け用部品を増産へ

 山陽特殊製鋼が中国に持つ特殊鋼素形材製品メーカー、寧波山陽特殊鋼製品(本社=浙江省余姚市)は、ベアリング用の外輪や内輪、HUBなど素形材製品の生産量を月間2500トンに向けて増やす方針。

 本年春に2000トン縦型鍛造機を増設し、足元はほぼフル操業。日系など自動車メーカーの増強投資が多く計画されており、増えるベアリング需要を捕捉する。一方で中国景気の減速や日中関係の悪化などを背景に自動車需要の停滞も予測され、市場の変化に柔軟に対応する考え。

おすすめ記事(一部広告含む)