2013年3月1日

日立金属、アモルファス金属製コアのリサイクル施設稼働

 日立金属は28日、島根県松江市にアモルファス変圧器で使用されているアモルファス金属製コアのリサイクルプラントを設置したと発表した。処理能力は月間50トンで4月から本格稼働を開始する。回収したアモルファス変圧器から金属を取り出し、日立金属メトグラス安来工場に運んで再溶解して利用する。アモルファス金属の循環型ビジネスモデルを確立したことで、今後、同社が普及に期待するアモルファス変圧器などの需要拡大に弾みがつきそうだ。
おすすめ記事(一部広告含む)