2013年5月9日

大阪地区の中板、現行価格帯を維持

 中板は荷動きが閑散ながら、国内メーカーの強硬な製品値上げを受け、扱い業者も唱えを引き上げようとしている。ただ、顧客からの抵抗が強く、実際、流通は現状価格維持が精いっぱいの状況。市況は5万8000―6万円(トン当たり、3・2ミリ厚の4×8サイズ)どころで横ばい。

おすすめ記事(一部広告含む)