2013年5月17日

東京地区のSTK、いぜん様子見商状

 一般構造用鋼管(溶協品、STK)は依然として様子見状態で推移している。足元の地区相場は、ベースサイズ(STK400、直径48・6ミリメートル×肉厚2・3ミリメートル)で中心値トン10万5000―10万7000円と前週から大きな変化は見られていない。
おすすめ記事(一部広告含む)