2013年8月1日

高炉、収益回復が鮮明

 高炉メーカーの業績回復が鮮明になってきた。高炉3社の2014年3月期連結経常利益予想が31日に出そろい、新日鉄住金は前期比3・4倍となる3000億円以上、JFEホールディングスが3・3倍の1700億円の大幅増益を見込み、神戸製鋼所は450億円から600億円に黒字幅が拡大する見通しとなった。5日発表予定の日新製鋼ホールディングスも、黒字転換を予想している。円高是正やアベノミクスなどの効果で、国内の鉄鋼市場環境が好転するなか、各社の収益構造改革が奏功し、陥没する一貫製鉄業の収益回復が一歩前進する。

おすすめ記事(一部広告含む)