2013年8月1日

建築用亜鉛めっき鋼板、需要増 繁盛感強まる

 建築用の亜鉛めっき鋼板は、8月から秋口にかけて需要が増加し、操業の繁忙感が強まりそうだ。メーカーによると、先々の物件数は非常に多い。消費税増税を前に住宅関連の荷動きも増える見込み。瞬間的にでも、需要が供給能力を上回る可能性があるという。採算性を重視した物件受注が進む見通しで、環境次第で追加値上げもあるとの見方という。

おすすめ記事(一部広告含む)