2014年4月9日

常石鉄工、若松工場で鋳込み式

 常石鉄工(本社=広島県福山市、財前正幸社長)は8日、昨年5月に買収した北九州市若松区の工場(若松スティール工場)の製鋼や鋳鋼など主要設備を再稼働させた。同日午前9時15分から行われた「鋳込み式」には、常石グループ幹部や北九州市の関係者、技術を供与し操業を指導した神戸製鋼所、取引先など約40人が出席した。神事の後、財前社長や常石グループの神原眞人代表、北九州市の西田幸生産業経済局長、神戸製鋼の松原弘明執行役員らがテープカットを行い、初の溶融鉄を鋳型に流し込む鋳込みを開始した。電気炉(60トンAC電炉)は同日午前5時に通電、6時40分に出鋼を行い、精錬を経て、鋳込みは9時半ごろに行われた。

おすすめ記事(一部広告含む)