2014年4月23日

神戸製鋼、鉄鉱石事前処理技術 印でライセンス契約

 神戸製鋼所は23日、鉄鉱石の事前処理技術「KOBELCOペレタイジングシステム」で、セメント・鉱業プラント大手FLスミス社(FLS社、本社=デンマーク)のインド現地法人とライセンス契約を締結したと発表した。販売面での相乗効果や競争力の向上を図るとともに、FLS社の技術や販売網を生かして、インドのペレットプラント市場に両社で積極的に参入し、インドをはじめ拡大する新興国の鉄鋼需要に対応していく。

おすすめ記事(一部広告含む)