2017年1月24日

神戸製鋼・加古川、新連鋳・分塊ライン竣工 上工程集約 設備準備整う

 神戸製鋼所は23日、加古川製鉄所(所長=柴田耕一朗専務執行役員)で工事を進めていた、第6号連続鋳造工場(6CC)の建設と第2分塊工場(2分塊)のライン増強が完了したと発表した。両設備工事が完了したことで、本年11月の神戸製鉄所から加古川製鉄所への上工程集約に向けた設備面の準備が整ったことになる。今後は、品質確認や需要家のアプルーバル(製造承認)取得作業を進めていく。
おすすめ記事(一部広告含む)