2014年5月26日

増田鉄工所、新型面取機を開発 省スペースに貢献

 シャフト関連機器メーカーの増田鉄工所(本社=横浜市鶴見区、増田尚男社長)は、「インライン専用面取機・ナロウタイプ」を開発した。同製品は、コンパクト設計により工場建屋内の省スペース化に貢献する点が特徴で、従来機と比較して価格メリットも持つ。面取機の国内最大手である同社にとって15年ぶりの新型機種で、今秋から本格的に販売を開始する見通し。初年度で10台の販売を目指す。機能においては特許出願申請中。

おすすめ記事(一部広告含む)