2013年7月8日

増田鉄工所、磨棒鋼製造用 横型矯正機の販売強化 

 シャフト関連機器メーカーの増田鉄工所(本社=横浜市鶴見区、増田尚男社長)は、磨棒鋼製造向け横型2ロール矯正機「2Rシリーズ」の販売を強化する。矯正機は磨き製品の真直精度を高め表面肌を良化する装置で、近年、需要家の品質要求が厳格化する中で、矯正機の果たす役割はより重要となっている。初期導入コストの低減に寄与する価格メリットと、製品価値を向上する機械性能をPRし、年間20台の販売を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)