2014年9月11日

リガク、可搬型X線応力測定装置 拡販体制強化

 リガク(東京都昭島市、志村晶社長)は、今年8月に発表した「可搬型X線応力測定装置SmartSite RS(スマートサイト・アールエス)」の販促に注力している。10月には海外でも販売を開始し、さらに拡販体制をより一層強化する。同社はこのほど分析、科学機器の展示会「JASIS2014」にも出展した。

おすすめ記事(一部広告含む)