2014年9月12日

JFEエンジニアリング、バイオマス発電プラントを受注

 JFEエンジニアリング(狩野久宣社長)は12日、大分県佐伯市でバイオマス発電プラントのEPC(設計・調達・建設)を受注したと発表した。発電規模は50メガワットで、JFEエンジが手掛けるバイオマス発電プラントとしては過去最大になる。2015年2月に着工し、16年秋の商業運転開始を予定している。

おすすめ記事(一部広告含む)