2014年9月24日

日新製鋼グループ IBMのシンクライアント、新業務システムに導入

 日本IBMは24日、日新製鋼グループで利用する新しい業務システムを支援し、運用を行うと発表した。新システムは日新グループのPC約4700台の業務システムを仮想化し、2015年3月までにすべてシンクライアント(thin client)にする。日新製鋼は、13年12月から19年3月まで基幹業務システムに関する戦略的アウトソーシング契約を日本IBMと締結しており、今回、事業継続性、セキュリティーの強化、ITコストの最適化を支援するとともに、経営スピード向上への迅速な対応を目指した基幹システムとして、シンクライアントをグループ全社に展開する。

おすすめ記事(一部広告含む)