2014年9月25日

新日鉄住金 鹿島・製銑地区センター、耐津波改築工事が竣工

 新日鉄住金は、鋼構造として津波に強い「ピロティ構造」を採用した鹿島製鉄所製銑地区センター(事務所)の改築工事が竣工し、22日に利用を開始した。通常時の利用者は約100人だが、災害時には最大約1400人が避難可能で、避難拠点として機能する。新日鉄住金では今回の実績を生かし、災害に強い鋼構造建築の普及を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)