2014年10月17日

JFEスチール、鉄鋼スラグ活用で成果 海域改善共同研究、生物種の増加確認

 JFEスチールは17日、横浜の山下公園前海域で実施中の鉄鋼スラグ製品を活用した横浜市との共同研究で、自生のアマモなど生物種数の増加を確認したと発表した。スラグが生物の付着基盤として、有効に機能している点をあらためて確認した。今後も観察を続ける。JFEスチールはこれら鉄鋼スラグを活用する事業を通じて、地球環境保全に貢献する技術開発を続ける。

おすすめ記事(一部広告含む)