2013年6月18日

JFES、インドネシアにCGL 自動車向け高級鋼供給

 JFEスチールは17日、インドネシアに年産40万トンの溶融亜鉛めっきライン(CGL)を新設すると発表した。自動車用ではインドネシア初のCGL。現地の自動車生産が急成長しており、今後の伸びも確実と見て、総額約3億ドル(282億円)の投資に踏み切る。2016年3月に立ち上げ、現地の自動車向けにハイテンなど高級鋼を供給する。新ライン立ち上げにより、アジアの自動車生産主要国で高級鋼出荷の現地拠点が増える。

おすすめ記事(一部広告含む)