2015年2月19日

豊田スチールセンター、CVTで扱い過去最高

 豊田スチールセンター(本社=愛知県東海市、早田稔社長)は、重量物を無駄なく積載可能な独自技術「CVT(コンテナ・バンニング・テクノロジー)」を使用した輸送業務で、2014年度下期から中国、タイ向けなどで新規扱いを開始。東南アジア中心に既存向け先の扱い量も拡大したことで、通期の扱い量が初めて30万トンを超える見通し。
おすすめ記事(一部広告含む)