2015年4月2日

城北伸鉄、在庫能力5割強拡充

 磨棒鋼製造、流通の城北伸鉄(本社=東京都板橋区、榎本哲也社長)は2016年2月期の設備投資計画として、東松山工場(埼玉県東松山市)の近隣に新たに倉庫を建造し、在庫能力を現状から5割強引き上げる。近年、ニーズが高まっている小ロット・多品種・短納期対応を強化し、顧客利便性を向上する目的。設備投資額は約9億円で、年内完工を見込んでいる。さらに、来年1月には同敷地内に建設する事務所に本社を全面移転する。1日に東松山工場で開催した経営計画発表会の中で発表した。

おすすめ記事(一部広告含む)