2015年4月6日

日鉄住金直江津チタン、VAR炉2基移設竣工

 新日鉄住金は6日、東邦チタニウムとの合弁会社である「日鉄住金直江津チタン」(山田統明社長)が、大阪チタニウムテクノロジーズから購入した最新鋭の真空アーク式溶解炉(VAR炉)2基の移設工事を終え、同日竣工式を開催したと発表した。新日鉄住金・直江津製造所に保有していた電子ビーム式溶解炉(EB炉)1基を日鉄住金直江津チタンが継承したが、今回のVAR炉2基が竣工したことで溶解炉は3基体制となった。EB、VAR両炉を活用し、多様なニーズに対応できる素材製造基盤を確立し、航空機向けチタン合金需要を取り込む。

おすすめ記事(一部広告含む)