2015年5月27日

大同特殊鋼、タイに型鍛造製造拠点

 大同特殊鋼は27日、30億円を投じて、タイに型鍛造事業の製造拠点を開設すると発表した。すでに今年1月、チョンブリ県ピントン工業団地内に新会社「ダイドー スチール タイランド」を設立しており、今後、新開発した熱間高速横型鍛造機、および熱処理炉、ショットブラスト設備を導入し、2016年3月に稼働させる。主に自動車トランスミッション用鍛造部品を製造する予定で、生産能力は月間1000トン。稼働から4―5年後をメドにフル生産を予定している。鍛造事業の製造拠点は日本、米国に次いで3カ所目。
おすすめ記事(一部広告含む)