2015年7月14日

豊通リサイクル 使用済み自動車全部再資源化、4年ぶり10万台回復

豊通リサイクル(神奈川県綾瀬市、小松原充社長)はこのほど、THチームが委託する、使用済み自動車の全部再資源化事業所の2014年度再資源化実績に対する表彰結果を取りまとめた。07年度から毎年度実施しており今回が8回目。順位賞は実績台数で上位30事業所を、優秀賞はTHチームの基準値を超えた43事業所を表彰した(別表に一覧)。

THチームにおける14年度の全部利用台数は、10万2387台で前年比1万49台増と、10年度以来4年ぶりに10万台水準を回復。全部利用比率についても6・3%で同0・6ポイント上昇し、いずれも前年実績を上回った。全部再資源化台数は電炉・転炉での生産体制の回復基調をきっかけに12年度から増加に転じている。14年度は新たに全部再資源化に参入した電炉があったことも増加要因となった。

おすすめ記事(一部広告含む)