2015年10月14日

スチール缶リサイクル率、4年連続90%超

 スチール缶リサイクル協会(理事長=樋口眞哉・新日鉄住金副社長)は14日、2014年度のスチール缶リサイクル率が92・0%となり、4年連続90%以上を達成したと発表した。13年度上方修正した経済産業省・産業構造審議会のガイドライン目標「90%以上維持」も達成。リデュース率についても、基準年度(04年度)に対し1缶当たり6・46%(2・31グラム)の軽量化を実現し、13年度に上方修正した第2次自主行動計画目標「1缶当たり重量5%の軽量化」を2年連続達成した。

おすすめ記事(一部広告含む)