2015年10月21日

新日鉄住金・名古屋第1コークス炉、火災による休止から1年1カ月ぶり再開

 新日鉄住金は19日の午後5時14分から、名古屋製鉄所の第1コークス炉の操業を再開した、と発表した。同設備の稼働は昨年9月以来、1年1カ月ぶりのこと。同設備の稼働率については順次、引き上げていく。

同コークス炉は昨年9月3日、石炭塔において火災事故が発生、設備を休止していた。事故後は事故発生の原因究明、設備面と管理面など徹底した自己の再発防止対策を行い、このほど、再発防止策を含む操業再開の体制がすべて整ったことから、操業を再開した。

おすすめ記事(一部広告含む)