2015年10月22日

200リットル缶出荷、2年ぶり減654万本

 ドラム缶工業会(理事長=小野定男・JFEコンテイナー社長)によると、2015年度上半期(4―9月)の200リットル缶出荷本数は前年同期比1・2%減の654万1314本(15万148トン)となり、上半期としては2年ぶりに減少した。6月から8月にかけて、回復基調が続いたが、消費税増税後の反動減の影響が残った4―5月の落ち込みを挽回できなかった。

おすすめ記事(一部広告含む)