2015年10月23日

韓・現代製鉄、車外板に高強度鋼板 32キロ級使用技術を開発

 韓国の現代製鉄は23日、自動車の側面外板に使う高強度サイドアウターを開発したと発表した。自動車の側面デザインを左右する複雑な成形が必要な部材の特性上、28キロ級以下の軟質鋼板を使うのが一般的だが、初めて32キロ級の高強度鋼板を使う技術を開発。高強度化により、走行中に細かい石が当たる際などのへこみに対する耐性が向上した。

おすすめ記事(一部広告含む)