2016年5月23日

秋山精鋼、埼玉工場に自動倉庫 在庫・物流体制を効率化

 大手磨棒鋼メーカーの秋山精鋼(本社=東京都中央区、秋山繁社長)は、製品管理・物流の中心拠点である埼玉工場(八潮市)に立体自動倉庫を新設する。製品の入出庫作業を自動化し安全性を高めるとともに、需要立地に合わせて製品在庫を一部、石岡工場(茨城県石岡市)に移管するなど効率的な物流網を構築する。埼玉工場における一連の設備投資額は9億円強。

おすすめ記事(一部広告含む)