2013年5月20日

秋山精鋼、新研磨ライン稼働 石岡に工程集約

 大手磨棒鋼メーカーの秋山精鋼(本社=東京都中央区、秋山繁社長)は、3月末に生産を終了した足立工場の研磨工程を、4月に石岡工場(茨城県石岡市、望月宏明・取締役生産部長)に移設し、このほど新建屋での稼働を開始した。研磨工程を集約した形となり、生産効率化および省人化の効果が見込まれる。新建屋は昨年に完工し、設備投資額は約4億円。設備面では、伸線機3台、研磨機3台を、計1億5000万円を投じて新設した。

おすすめ記事(一部広告含む)