2016年5月26日

先進国主要鉄鋼12団体、過剰能力問題で共同声明

 日本鉄鋼連盟、米国鉄鋼協会(AISI)、欧州鉄鋼連盟など先進国の主要鉄鋼12団体は24日、G7各国に対して鉄鋼業の世界的な過剰生産能力問題に対処するよう要請する共同声明を出した。政府の支援策などが過剰能力や不公正貿易などをもたらしたとして、市場歪曲的な政策が一部市場で鉄鋼業の需要変化に対応する調整を阻害したと指摘。政策的措置がなければ市場から撤退していたメーカーや赤字の生産設備を存続させてきたと指摘し、先進国首脳に対応を促した。

おすすめ記事(一部広告含む)