2016年11月1日

JFEスチール、Cr系ステンレス薄板1.5万円上げ

 JFEスチールは、国内向けクロム系ステンレス薄板の10月契約におけるベース価格について、店売り・ひも付きともに現行比トン当たり1万5000円引き上げる。高騰する原料炭やフェロクロム価格の上昇を販売価格に反映する。7月契約でも同1万円引き上げており、今年に入り累計2万5000円の上げとなる。ステンレス薄板を製造する東日本製鉄所(千葉地区)では輸出向け・国内向けともにタイトな生産状況となっており、一部応じきれない受注もある。大幅な原料コスト増を販価に転嫁し、再生産可能な価格水準に引き上げたい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)