2016年12月2日

薄板3品在庫、適正圏維持396万トン 10月末 需給一層タイト化へ

 10月末の国内向け薄板3品在庫(メーカー・問屋・全国コイルセンター工業組合の合計、速報値)は前月比0・2%、1万1000トン減の395万9000トンになった。2カ月連続の減少で、400万トンを下回る適正圏内を維持した。11月末については7万トン程度減減少するのが例年パターン。自動車や建築などの需要が比較的に堅調なこともあり、今後、需給タイト感を一段と強めそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)