2016年12月5日

日韓鉄鋼対話、薄板輸入警戒感伝える

 日本と韓国の官民の鉄鋼関係者は1日、都内で日韓鉄鋼対話を開き、市場環境などについて意見交換した。日本側が韓国からの薄板輸入に対して懸念を持ち、輸入監視を強化していると伝えたのに対して、韓国側は懸念があればテーマ別の緊急会合を設定し、対話を通じた摩擦の未然回避の趣旨に沿って対応するよう求めた。韓国側は山形鋼、溝形鋼で日本のシェア拡大などに懸念を示し、日本側は韓国側の懸念を業界で共有するなどと応じた。双方ともに対話を通じた通商摩擦回避の重要性について再確認した。

おすすめ記事(一部広告含む)