2016年12月12日

関東電炉、異形棒販価引上げ進展 細物、安値を払しょく

 関東地区異形棒鋼電炉メーカーによる販売価格の引き上げがここにきて進展している。細物メーカーは12月初旬までにトン5万円以下の安値を払しょくしており、同5万5000円の早期実現を目指している。一方、ベースメーカーは厳しい受注環境下、12月中に同5万円(直送、ベースサイズ)を上回る販価の完全浸透を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)