2016年12月12日

日鉄住金建材、NEO-BESPA改良版を1月発売

 日鉄住金建材(本社=東京都江東区、中川智章社長)は12日、システム式吊り棚足場「NEO―BESPA(ネオ・ベスパ)」の建設現場の施工性、安全性を向上した改良版の販売を来年1月から開始すると発表した。連結ボルトの脱落防止方法を改良したほか、ボルトの落下防止金具を追加するなど、リース業者などの意見を取り入れて改良した。「NEO―BESPA」は販売開始から2年を経て、今年度末には10万平方メートルの販売実績に到達する見通しで改良版の市場投入により、さらなる普及を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)