2016年12月20日

新日鉄住金、棒線1万円追加値上げ 鋳物用銑鉄も 原料高騰受け

 新日鉄住金は棒線品種と鋳物用銑鉄について、トン当たり1万円の追加値上げを実施する方針を固め、足元で交渉を開始している。原料炭をはじめとする鉄鋼原料価格の高騰は自助努力で吸収できる範囲を超えていると判断し、再生産可能な適正価格に引き上げる。普通線材、特殊鋼棒鋼の店売り分野および特殊線材、特殊鋼棒鋼・線材のひも付き分野で全面的に追加値上げを実施する。下期以降の値上げ幅は累計2万円となる。

おすすめ記事(一部広告含む)