2017年2月9日

メタルアート、国内事業拠点に集中投資

鍛造大手のメタルアート(本社=滋賀県草津市、多田修社長)は、2018―19年度にかけて、国内事業拠点で集中投資を行う。本社工場内に自動車用CVT(無段変速機)用鍛造部品を製造する2500トン熱間自動プレス工場を増設するほか、グループ製造子会社のプレス鍛造や機械加工などの生産設備について拡充や増強工事を実施するもので、一連の総投資額は約30億円。基盤となる国内事業のブラッシュアップを図り、競争力強化につなげる。

おすすめ記事(一部広告含む)