2017年2月16日

普通鋼受注、8カ月ぶり600万トン乗せ

 日本鉄鋼連盟が16日発表した用途別受注統計によると、2016年12月の普通鋼鋼材受注は前年同月比4・6%増の607万9000トンで5カ月連続増となり、8カ月ぶりに600万トン台を回復した。内需が9・5%増の387万トンで5カ月連続増、輸出向けは3・0%減の221万トンで3カ月連続減。建築・土木、産機や自動車向けの内需回復が続き高炉メーカーの輸出余力が縮小している。

おすすめ記事(一部広告含む)